筋肉をつける為のウエイトトレーニングを中学生の段階で始めている人を時々見かけます。 その中学生に是非とも言っておきたい言葉があります。 それは「高校生になるまでウエイトトレーニングはするな。特に脚のウエイトトレーニングは高校生でもあまりしない方が良い。」です。 中学生の時期というのは、まだ成長期、しかも成長期まっさかりの身体の成長においてもっとも重要な時期であって、ウエイトトレーニングをこの時期に行ってしまうと身体の成長を阻害するおそれがあります。 そして、特に脚のウエイトトレーニングは、身長が伸びる成長期の時期に行ってしまうと脚の成長が大きく阻害され成長がスムーズにゆかなくなってしまう危険性を含んでいます。 成長期の脚のトレーニングは身体の成長には良くありません。 加えて注意しておきたい事は、ウエイトを使わないトレーニングでもヒンズースクワットなどの自重を使ったトレーニングですら脚に筋肉が付き過ぎてしまい成長を阻害するおそれがあるという事です。 特に脚のトレーニングは成長期にはやり過ぎない様にしましょう。

Copyright © 2002 www.ncjwportland.org All Rights Reserved.