車の保険には、皆様も既にご存知だと考えられますが等級という略称で知られるものがドライバーに対してつけられます。80-2-132

省略せずに言うとノンフリート等級別料率制度という名で呼ばれ、月々の掛金にかなり大きく関係しているのです。80-17-132

等級は、自動車保険の被保険者の公明正大さを可能な限り担保することを目的とするので、トラブルを発生させてしまう可能性あるいは、車の保険を使う恐れが大きければ大きいほど保険の掛金が上がります。80-11-132

その一方でアクシデントを発生させてしまう見込みがより少なく保険を適用されるとはあまり思われない加入者は良い利用者であるだろうと判断されることで掛け金が安くなります。80-10-132

安全にマイカーを運転する被保険者の方のほうがそうでない人より優遇される枠組みだといえるため自動車事故を起こしやすい方には多少不利な仕組みであると考えられます。80-18-132

等級というシステムは、低リスクの運転者と事故のリスクが高い運転者の保険の料金が同じ額だと不公平に考える方が大多数なので、保険会社としても損を押えるために欠くことのできない仕組みだと断言できます。80-6-132

そこで、等級という制度が具体的には一体どのような枠組みなのか簡潔に概説しようと思います。80-12-132

まずは等級のランクには1等級に始まり20等級まであり等級が増える毎に保険の料金が安くなる機構になっています。80-19-132

第二に、1等級から3等級までは低廉にならずむしろ割高になり交通事故を起こしてしまいクルマの保険を利用してしまうと等級が三つ下がってしまい、負担が増えた事故有保険料を振り込んでいくことになることを避けられません。80-8-132

第三に、まったく新しく自動車保険に入るケースにおいては6等級より開始になりその時点から数が下がっていくのか増えていくのかは契約者の手にかかっています。80-13-132

ですから保険の掛け金を安く抑えたい方は事故を防ぐために安全な運転に気をつけるのが一番大切といえるでしょう。

Copyright © 2002 www.ncjwportland.org All Rights Reserved.
80-4-132 80-15-132 80-9-132